名物の水中花火をはじめ、色とりどりの光の大輪が真夏の海と夜空を彩った三国花火大会=8月11日夜、福井県坂井市三国町米ケ脇4丁目(多重処理)

 第39回三国花火大会(福井新聞社後援)は8月11日夜、福井県坂井市の三国サンセットビーチで開かれた。名物の水中花火など1万発が夏の夜空に咲き乱れ、令和の幕開けを祝う華麗な演出と相まってビーチを埋め尽くした観客を魅了した。

 午後7時半すぎ、奥田民生さん、井上陽水さんのヒット曲に乗せたワイドスターマイン「新時代の幕開け」でスタート。早打ち100連発や直径450メートルの巨大な2尺玉などが音楽と融合しながら次々と打ち上がり、空を鮮やかに染めた。

 フィナーレは扇形の水中花火や一斉スターマイン。大輪が海と夜空を覆い尽くし、観客から大歓声が上がった。

関連記事