8月10日午前6時ごろ、静岡県沼津市柳沢の新東名高速道路下り線で、トラックが渋滞中の車列に追突した。トラックや乗用車など計4台が関係し、乗用車に同乗していた神奈川県藤沢市の女性(59)が死亡、ほかに男女計6人がけがをした。静岡県警高速隊によると、現場は片側2車線の直線。事故の影響で長泉沼津インターチェンジ(IC)―新富士IC間の下り線が約4時間40分にわたって通行止めとなった。

 静岡県警高速隊は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いでトラックの福島県いわき市、運転手の男(63)を現行犯逮捕した。過失致死に切り替え、事故の原因や状況を調べる。けがをした男女計6人はいずれも意識があり、命に別条はない。

 同日はお盆休みの帰省ラッシュが本格化。日本道路交通情報センターによると、岡山県の山陽自動車道吉備サービスエリア付近を先頭に一時40キロの渋滞が発生したほか、岐阜県の名神高速道路安八スマートインターチェンジ付近を先頭に東名高速まで32キロの渋滞。神奈川県の中央自動車道藤野パーキングエリア付近で30キロ、同県の東名伊勢原ジャンクション付近でも26キロの渋滞となった。
 

関連記事