福井―信濃 9回裏福井1死二、三塁、サヨナラ打を放ち右手を突き上げる中村辰哉=8月9日、福井県の美浜町民広場野球場

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは8月9日、福井県の美浜町民広場野球場で信濃グランセローズと戦い、3―2でサヨナラ勝ち。前後期通じて、今季初の3連勝を飾った。通算成績は7勝13敗で西地区最下位のまま。次戦は10日、滋賀県の湖東スタジアムでオセアン滋賀ユナイテッドBCと戦う。

信濃
000 200 000…2
001 000 101x…3
福井

 【評】福井は終盤まで1点を争う好ゲームを制した。3投手の継投で踏ん張ると、最後は代打中村辰哉の一振りでサヨナラ勝ちした。

 打線は三回、木下裕揮、上下大地の連打などで2死一、三塁とし澤端侑の中前適時打で先制。逆転を許したが、七回1死二塁から坂本竜三郎の中前適時打で同点とした。2―2の九回は荒道好貴の右前打、清田亮一の左翼線二塁打で二、三塁とし、代打中村が左越えに安打を放ち、試合を決めた。

 先発小澤将伍は7回2失点の好投。六回1死二塁、七回2死三塁のピンチを無失点でしのぐなど、要所で踏ん張った。八回は原田宥希が3者三振、九回は高橋康二が三者凡退に切り、打線の援護を呼び込んだ。

関連記事