強い日差しの中、色付き始めた稲穂=8月7日、福井県福井市下東郷町

 福井県内は8月7日も高気圧に覆われて青空が広がり、福井市で37・3度を観測するなど県内7観測地点で今年の最高気温を更新。小浜市で37・1度、美浜町でも37・0度まで上がり、全10地点で35度以上の猛暑日となった。8日は二十四節気の「立秋」。暦の上では秋を迎えたが、うだるような暑さはまだまだ続きそうだ。

 福井市下東郷町の田んぼでは色付き始めた稲穂がこうべを垂れ、強烈な日差しの中で秋の表情をかすかにのぞかせていた。

 福井地方気象台によると、8日の県内は晴れ時々曇りで、ところにより昼すぎから雨や雷雨の予報。今後1週間は気圧の谷や湿った空気の影響で雲が広がりやすいが、最高気温は35度前後の日が続く見通し。

関連記事