「ほねほねザウルス」と福井県立恐竜博物館とのコラボ商品=(C)Kabaya (C)FUKUI/psp

 岡山県岡山市の菓子メーカー、カバヤ食品は7月30日から、福井県立恐竜博物館とコラボレーションしたおもちゃ付き菓子「ほねほねザウルス」第4弾を全国販売する。今回初めて、同封される恐竜化石のプラモデルが福井県内で発見された恐竜のみになった。

 プラモデル1個とチューインガム1枚が入っている。恐竜化石は▽フクイラプトル▽フクイサウルス▽フクイベナートル▽コシサウルス―の4種類。過去同様にスペシャルパーツが同封されており、4種全てをそろえるとフクイティタン(全長約25センチ)が組み上がる。県の公式恐竜ブランド「ジュラチック」のキャラクターと、同博物館が監修した恐竜の解説カードも入っている。

 1個400円(税別)。全国のスーパーなどで販売する。

 ほねほねザウルスは、カバヤ食品が2002年から販売しており、累計販売個数は約3800万個に及ぶロングセラー商品。同博物館とのコラボは16年から毎年実施している。

関連記事