福井ユナイテッドFC―上田ジェンシャン 前半17分、福井ユナイテッドの山田雄太(中央)がヘディングシュートを決め2―0とする=福井県坂井市のテクノポート福井スタジアム

 サッカー北信越リーグ1部は7月28日、各地で第9節3試合が行われた。福井県勢は首位の福井ユナイテッドFCが11-0で上田ジェンシャン(長野)に大勝し、引き分けを挟み開幕8連勝で首位をキープした。坂井フェニックスは富山新庄クラブに1-4で敗れ3勝6敗とし5位に転落した。

 福井ユナイテッドは前半から攻め続け、FW山田雄太が5得点、MF蔵田岬平、途中出場の桑田大幹が2得点するなど圧倒した。

 坂井は前後半に2点ずつ奪われたが、終了間際にFW東平大佑が1点を返した。

 次節は8月18日、福井ユナイテッドが富山新庄クと富山県岩瀬スポーツ公園で、坂井フェニックスは'05加茂FC(新潟)と新潟県の経大フィールドで対戦する。

関連記事