重機も投入した4回目の発掘作業。しかしタイムカプセルは見つからなかった=7月27日、福井県福井市明新小

 約40年前に福井市明新小の児童たちが埋めたタイムカプセルの最終4回目の発掘作業が7月27日、同校で行われた。新たに寄せられた情報を基に事前に地中をレーダーで調査、この日は重機も投入し万全を期したが見つけることはできなかった。最初の挑戦からほぼ1年。発掘を提案した男性(48)=同市=は「有力な情報が出てこない限りこれで終わり。この結果を卒業生たちに伝えたい」と悔しさをにじませた。

⇒【写真】タイムカプセル発掘「最後」の挑戦(D刊)

 タイムカプセルは、同校の開校10周年を記念し1981年3月、当時の児童たちが手紙などを収めた。しかし、埋設場所などの記録は残っておらず、2001年に行われる予定だった開封もなかった。

 発掘は、埋設当時同校4年生だった男性が、来年の開校50周年式典の実行委員長就任を機に企画した。「2001年ここで会いましょう」と書かれた石碑のある、児童玄関脇の時計塔付近で、昨年8月から3回発掘を行ったが、発見には至らなかった。

 今年4月の3回目の発掘後に、当時のPTA関係者らから▽時計塔付近は1度整地されており、カプセルは敷地内の植え込みに埋め直された▽これまで掘ったよりも深い、時計塔の地中1・5メートルほどに埋めた-とする二つの情報が寄せられた。情報を受け、地質調査業者の協力で、植え込みと時計塔付近の2カ所の地中のレーダー調査を敢行、双方に何らかが存在していることを確認していた。

 この日は卒業生や在校生60人が参加。重機1台も加わり、2カ所で作業した。降りしきる雨の中、約4時間にわたってスコップを振るい、計約15平方メートルを深さ1・5メートルまで掘り進めた。しかし、過去に廃棄されたとみられるコンクリートブロックや空き瓶が出てきただけだった。

 埋設当時6年生だった女性(51)は「結果は残念だったが、発掘を通し40年ぶりに同級生に会えたのはうれしかった」と話していた。

 発掘を提案した男性は、作業の様子や結果をカプセルを埋めた卒業生らに報告する。開校50周年行事では「なくなってしまったという反省を生かし、今の子どもたちにいい思い出を残したい」と、再度タイムカプセルを埋める計画を立てている。埋設場所は詳細に記録に残したいという。

関連記事