7月27日午前6時現在の台風経路図(気象庁ホームページ)

 気象庁によると、台風6号(ナーリー)は7月27日午前7時、三重県南部に上陸した。令和になって台風が日本に上陸するのは初めて。福井県には同日夕方から夜にかけて最接近する見込みで、福井県は26日、関係機関に農作物などの管理対策の徹底を呼びかけた。

 気象庁によると、台風6号の中心気圧は1000ヘクトパスカルで最大風速18メートル、最大瞬間風速25メートル。中心から東側390キロと西側220キロは風速15キロメートル以上の強風域になっている。時速20キロの速度で北北東に進んでおり、27日午後6時には長野県飯田市の西北西約40キロの地点まで進むとみられる。

 同庁によると、近畿地方と東日本太平洋側では26日から28日頃にかけて大気の状態が非常に不安定となり、雷を伴った非常に激しい雨や激しい雨が降り、大雨となるおそれがある。

 27日午後0時までの24時間に予想される雨量は、多い所で東海地方180ミリ、近畿地方150ミリ、関東甲信地方80ミリ。28日12時までの24時間に予想される雨量は、多い所で東海地方が100から150ミリ、近畿地方、関東甲信地方で50から100ミリの見込みとなっている。

関連記事