第101回全国高校野球選手権福井大会決勝・丹生―敦賀気比 声を出す敦賀気比ベンチ=7月25日、福井県福井市の福井県営球場

 第101回全国高校野球選手権福井大会決勝(7月25日)で敦賀気比が丹生を破り、2年連続の甲子園出場を決めた。敦賀気比の東哲平監督は選手たちに対し「本当に一生懸命で頼もしかった」と称えた。

⇒敦賀気比が丹生下し9度目甲子園

⇒高校野球福井大会トーナメント表

⇒敦賀気比9度目甲子園のWeb号外

 2年連続の夏の甲子園について東監督は「去年は(甲子園に)行くことを目標にしていたが、今年は(甲子園で)勝つことを目標にしてきた」と述べ、「敦賀気比らしく目いっぱいプレーして、(選手に)一試合でも多くプレーさせたい」と意気込みを話した。

 また「つらい練習に耐えてきた選手たち。甲子園でも勝ち上がれる力を持っている」と甲子園での活躍を誓った。

⇒【D刊新特集】県内高校出身プロ野球選手の球児時代

関連記事