第101回全国高校野球選手権福井大会決勝・丹生―敦賀気比 三回表、敦賀気比の杉田翔太郎の左前打で笠島尚樹と大島正樹の2人がホームイン=7月25日、福井県福井市の福井県営球場

  第101回全国高校野球選手権福井大会最終日は7月25日、福井県営球場(福井市)で決勝を実施。丹生―敦賀気比は五回を終了して3ー0と敦賀気比がリードしている。

 敦賀気比は初回、二塁打の大島正樹を犠打で送り1死三塁の先制のチャンスを作ったが、後続は打ち取られた。三回、内野安打2本などで1死満塁とすると、杉田翔太郎の2点適時打で先制。続く木下元秀の犠飛で1点を追加した。

 丹生は三回、武藤勇次の内野安打、来田宗純の右前打で2死一、三塁としたがあと1本が出なかった。

 丹生の先発は、シード校を力でねじ伏せてきた注目の左腕、玉村昇悟。敦賀気比打線に対し三振は奪えているが、不運な内野安打もあり、三回に3点を失った。

■福井新聞D刊で全打席速報

 福井新聞社は、全国高校野球選手権福井大会の全試合、全打席を電子新聞「福井新聞D刊」と携帯サイト「福井新聞mobile」で速報する。会員登録が必要。D刊の速報サイト「fast」単独のプランでも閲覧できる。

⇒全打席速報はこちら

⇒イニング速報はこちら

⇒【D刊新特集】県内高校出身プロ野球選手の球児時代

関連記事