第101回全国高校野球選手権福井大会準決勝・福井商業―敦賀気比 決勝進出を決めた敦賀気比=7月24日、福井県福井市の福井県営球場

 第101回全国高校野球選手権福井大会第7日は24日、福井県営球場(福井市)で準決勝が行われ、第2試合は敦賀気比が福井商業を6-4で破り、決勝へ進出した。決勝の相手はプロ注目の左腕・玉村昇悟を擁する丹生。敦賀気比の東哲平監督は「好投手なので、なかなか点が取れないと思うが、粘り強く戦う」と2年連続の夏の甲子園出場へ気を引き締めた。

 敦賀気比は三回に3点を先制。五回には4番木下元秀の2点本塁打が飛び出すなど、常に先手を取って福井商業を下した。「思い切って、うちらしく打っていこう」(東監督)。言葉通り、選手たちが快音響かせた。投手陣についても「今大会は黒田も笠島も本調子ではなかったが、きょうは気持ちのこもった球がいっていた」とたたえた。

 決勝を戦う丹生は、準決勝でエース玉村が強打の福井工大福井を完封し、初の決勝進出を果たした。東監督は投手戦を見据え「失点しないことを心掛けて全力で戦いたい。集中を切らさず、明日に臨みたい」と力を込めた。

■福井新聞D刊で全打席速報

 福井新聞社は、全国高校野球選手権福井大会の全試合、全打席を電子新聞「福井新聞D刊」と携帯サイト「福井新聞mobile」で速報する。

 会員登録が必要。D刊の速報サイト「fast」単独のプランでも閲覧できる。

⇒全打席速報はこちら

⇒イニング速報はこちら

⇒【D刊新特集】県内高校出身プロ野球選手の球児時代

関連記事