千葉県野田市教育委員会は24日、市立小6年の男子児童が13日に自宅で自殺したと明らかにした。市教委は、いじめの有無を調べるため、近く医師や弁護士で構成する第三者委員会を設置する。男児は7月上旬、いじめに関する学校アンケートに回答していたが、市教委は「遺族の強い意向」を理由に内容を明らかにしていない。

 市教委によると、死亡した13日は土曜だが午前中に授業があり、男児も出席。下校後、自宅で亡くなっていた。

 遺族が原因の調査を求め、市教委は「重大事態」として第三者委設置を決定。6年生の保護者会で事実関係を説明しいじめを見たりしていないかを尋ねる文書を配布した。

関連記事