映画『トイ・ストーリー4』ボー・ピープの肩の上にいるのがギグル(C)2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

 ディズニー・アニメーション、ピクサー・アニメーション全タイトルの中で最短となる11日間で、動員300万人、興行収入40億円を突破する大ヒットを記録している『トイ・ストーリー4』。今回、本編からシリーズ史上“最小”のおもちゃで日本版では声優の竹内順子が演じるギグル・マグディンプルズとウッディが初めて出会う本編シーンが公開された。『NARUTO-ナルト-』のうずまきナルト役や『イナズマイレブン』の円堂守役でも知られる竹内が、ウッディ役の唐沢寿明、ボー・ピープ役の戸田恵子と声で共演する、ファンにはたまらない映像となっている。

【動画】竹内順子、唐沢寿明、戸田恵子の掛け合いに注目

 年齢や性別を問わずさまざまなキャラクターを演じてきた竹内が本作で演じる、女性警察官のおもちゃギグルは、ボー・ピープの肩に乗れるほどに小さい。ボーにとってギグルは相棒的存在で、良きアドバイザーでもある。

 そんなギグルについて、ジョシュ・クーリー監督は「ギグルは間違いなく『トイ・ストーリー』史上最も小さなおもちゃだ。ギグルはボー・ピープにとってとても大切な存在で、相棒のような存在。2人の関係性を通してボー・ピープの気持ちを観客に訴えることができる大切なキャラクターでもあるんだよ」と、語っている。

 劇中ではボー・ピープが悩んでいるときに助言をしたり、後押ししたりして大活躍。ウッディとボーの友達以上恋人未満な関係を近くで応援するキャラクターでもある。そんなギグルを演じる竹内の吹替もSNSで大絶賛の声が上がっている。夏休みが本格的に始まり一体どこまで数字を伸ばすのか?

関連記事