ファーウェイの看板=大阪市

 【ワシントン共同】米紙ワシントン・ポスト電子版は22日、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)が北朝鮮で商業用の無線通信網の構築と維持を秘密裏に支援していたと報じた。少なくとも8年間、中国国営企業と共に北朝鮮でさまざまなプロジェクトに関わってきたという。内部文書や関係者の話としている。

 ファーウェイ機器には米国の技術も使われており、北朝鮮に対する米国の輸出規制の制裁に違反する恐れがある。

 トランプ大統領は22日、ファーウェイと北朝鮮の関係について「解明しなければならない」と語った。

 ファーウェイは声明で「北朝鮮でビジネスはしていない」と否定した。

関連記事