ダイヤモンドリーグ第10戦の男子400メートルリレーで2位に入った日本チーム。左端が多田修平、右端が白石黄良々=7月21日、英国・ロンドン

 8月17日に福井県福井市の9.98スタジアム(福井県営陸上競技場)で開かれる「Athlete Night Games in FUKUI」(福井新聞社特別協賛)の招待レースの男子100メートルに多田修平(住友電工)、白石黄良々(セレスポ)の両選手が、新たに出場することが7月22日までに決まった。

⇒ミラカナ最新ニュースはこちら

 両選手は21日に英国・ロンドンで行われたダイヤモンドリーグ第10戦の男子400メートルリレーで準優勝し、日本歴代3位となる37秒78をマークしたメンバー。多田は自己ベスト10秒07で、9秒台が期待される一人。関西学院大学時代の2017年には追い風参考ながら9秒94を出した。

 白石は多田と同学年で、4月の出雲大会、織田記念国際で男子100メートルを制した新星。織田記念国際では10秒19の自己ベストを記録した。

 福井の大会は、福井新聞社と福井銀行、レディーフォーによる福井県に特化したクラウドファンディングサービス「ミラカナ」を活用して、福井陸協が開く新しい競技会として注目を集めている。数多くのトップ選手が招待され、男子100メートルには桐生祥秀(日本生命)らの出場が決まっている。

⇒ミラカナのプロジェクト一覧

関連記事