巨大プールで遊ぶ子どもたち=7月21日、福井県福井市のハピテラス

 福井県福井市のハピリンの屋根付き広場ハピテラスに7月21日、直径10メートルの巨大プールが登場した。蒸し暑さが漂う中、夏休みに入った子どもたちは水しぶきを飛ばして大はしゃぎ。ひとときの涼を満喫していた。26日まで。

 第三セクターまちづくり福井が2017年から企画している。「ちゃぷちゃぷ広場」と題し、昨年より3倍大きいプールにボールを浮かべ、滑り台を設置した。女児(4)=同市=は「水が気持ち良くて、すっごく楽しい」と満面の笑みを見せた。

 水深35~40センチで、対象は2~8歳。期間中は午前10時~午後4時に開設している。利用時は水着や水遊び用おむつの着用が必要で、会場に更衣室とシャワーがある。料金300円。

関連記事