福井県選挙管理委員会は7月21日、参院選福井選挙区の期日前投票者数が11万7686人だったと発表した。10万人は超えたものの、2016年の前回参院選を1742人下回った。

 期日前投票は公示翌日の5日から49カ所で行われた。19日までに9万7325人が投票を済ませ、最終日の20日は2万361人が一票を投じた。投票日当日有権者数に占める割合は18・19%で、前回(18・17%)を0・02ポイント上回った。

 市町別に見ると、1万人を超えたのは福井、坂井、越前市。全体の約36%を占めた福井市は4万2471人。次いで坂井市(約9%)が1万837人、越前市(約8%)は1万384人だった。
 

関連記事