国会議事堂

 第25回参院選は7月21日、投票された。共同通信社の出口調査で、自民、公明両党は目標とした改選124議席の過半数63を獲得するのが確実になった。安倍政権下での憲法改正に前向きな「改憲勢力」が3分の2以上の議席を維持するかどうかが焦点で、出口調査では微妙な情勢。立憲民主党は議席を伸長させる。国民民主党は改選議席を減らす見通し。共産党は横ばいで、日本維新の会は堅調だ。政治団体「れいわ新選組」は議席獲得が確実な状況となった。

関連記事