第101回全国高校野球選手権福井大会準々決勝・福井工大福井―北陸 四回、福井工大福井・荒木海斗の適時打で生還する藤井翼=7月21日、福井県福井市の福井県営球場

 第101回全国高校野球選手権福井大会第5日は7月21日、福井県営球場(福井市)で準々決勝2試合を実施。第1試合は第1シード福井工大福井が北陸を11―0(五回コールド)で下し、夏の福井大会4年ぶりの準決勝に進出した。

福井工大福井
330 14…11
000 00…0
北陸
(五回コールド)

■福井工大福井 垣外中健心―大上岳人
■北陸 駒井将生、山田蒼―杉本来稀、矢野善基

⇒高校野球福井大会トーナメント表

 福井工大福井は一回、1死満塁から山野昂汰郎、荒木海斗の連続適時打で3得点。二回にも高原侑希と藤井翼の適時打で3点を奪い、序盤で大きくリードした。四回に荒木の適時打で7点目。五回には森山瞭の2点適時打などで4点を加え、コールド勝ちを収めた。

 先発の左腕垣外中健心が、四回まで無安打の安定したピッチングを披露。五回に反撃されたが、得点は許さなかった。

 北陸は相手先発の前に打線が沈黙。11点を追う五回裏、先頭の代打森永良輝がチーム初安打を放つと代打広田暁麻、吉村飛鳥の連打で無死満塁の好機をつくったが、あと1本が出なかった。

■福井新聞D刊で全打席速報

 福井新聞社は、全国高校野球選手権福井大会の全試合、全打席を電子新聞「福井新聞D刊」と携帯サイト「福井新聞mobile」で速報する。

 会員登録が必要。D刊の速報サイト「fast」単独のプランでも閲覧できる。

⇒全打席速報はこちら

⇒イニング速報はこちら

⇒【D刊新特集】県内高校出身プロ野球選手の球児時代

関連記事