福井―石川 7回福井1死2、3塁、清田亮一が右越えに二塁打を放ち、6―5と逆転する=福井県のおおい町総合運動公園野球場

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは7月20日、福井県のおおい町総合運動公園野球場で石川ミリオンスターズと戦い、九回に4失点し7―9で逆転負けした。通算成績は3勝10敗。次戦は21日午後1時から、美浜町民広場野球場で信濃グランセローズと戦う。

石川
001 022 004…9
100 300 300…7
福井

 【評】福井は九回に4点を奪われ逆転負け。両チーム計25安打が飛び交う乱打戦を落とした。

 1―1の四回、石井建斗、寺田祐貴の連打で1死一、二塁とすると中村辰哉の1号3ランで勝ち越した。2番手楊鑄真が六回に逆転を許したが、七回1死二、三塁から清田亮一の右越え二塁打で6―5と再び逆転。さらに暴投で追加点を奪った。

 八回は原田宥希が無失点に抑え7―5のまま九回を迎えた。しかし代わった高橋康二が安打と四球などで2死一、三塁とされ、左前適時打で1点差に。次打者にランニング本塁打を浴び計4失点し、土壇場で試合をひっくり返された。

関連記事