安倍首相の街頭演説の最中、警戒に当たる警察官=20日夜、東京・秋葉原

 17日間に及ぶ選挙戦最終日の20日。安倍晋三首相が今回の参院選も締めの舞台に選んだ東京・秋葉原には、政権に批判的な聴衆のヤジを警戒してか警察官の姿が目立ち、首相が登壇した選挙カーの周囲を鉄柵で囲うなど物々しい雰囲気に。支持者が「安倍首相を応援しよう」と記したボードを掲げる一方、一部の聴衆からは「安倍辞めろ」とのコールも上がった。

 首相の街頭演説を巡っては、15日に札幌市で「安倍辞めろ」などとヤジを飛ばした聴衆を北海道警の警察官が強制的に移動させ、対応が問題視されている。

関連記事