第101回全国高校野球選手権福井大会2回戦第2試合・丹生―藤島 6回無失点と好投した丹生の先発・玉村昇悟=7月20日、福井県の敦賀市総合運動公園野球場

 第101回全国高校野球選手権福井大会は7月20日、福井県内2会場で2回戦を実施。敦賀市総合運動公園野球場の第2試合は、丹生が藤島を7-0(八回コールド)で下し8強入り、準々決勝へ進んだ。先発した丹生のプロ注目左腕・玉村昇悟は6回を投げ無失点。1回戦から2試合連続で毎回奪三振の快投を見せた。

藤島
000 000 00…0
010 104 01X…7
丹生

(八回コールド)

■藤島 玉木堅―山本陶二
■丹生 玉村昇悟、伊藤秀太郎―倉谷勇人

⇒福井大会の組み合わせ表はこちら

 丹生は二回裏、先頭の宮下陸哉が左翼線への二塁打で出塁。1死から玉村昇悟の右前打で一、三塁とチャンスを広げ、田中大稀がきっちりスクイズを決め先制点を奪った。四回には、2四死球で2死一、二塁とし、田中の左前適時打で1点を加え2―0。六回には林拓実の右越え適時三塁打と川口駿介の右前適時打で4点を追加。八回は無死満塁と攻めて代打武藤勇次が右前適時打を放ち八回コールド勝ちを収めた。

 丹生の先発玉村は、6回無失点の好投。代わった伊藤秀太郎も藤島に点を与えなかった。

 藤島は七回、代わったばかりの丹生2番手投手伊藤を攻め、鈴木智也と野路健聖のヒットで2死一、三塁のチャンスをつくったが、ホームは遠かった。

■福井新聞D刊で全打席速報

 福井新聞社は、全国高校野球選手権福井大会の全試合、全打席を電子新聞「福井新聞D刊」と携帯サイト「福井新聞mobile」で速報する。

 会員登録が必要。D刊の速報サイト「fast」単独のプランでも閲覧できる。

⇒全打席速報はこちら

⇒イニング速報はこちら

⇒【D刊新特集】県内高校出身プロ野球選手の球児時代

関連記事