熱気球搭乗体験のチラシ

 福井県福井市の一乗谷朝倉氏遺跡で、日本遺産の認定を記念したイベントが開かれている。連日「宝探し」が楽しめるほか、7月20日以降の土日は熱気球の搭乗やヨガもある。

 宝探しは、復原町並の入場口で「宝の地図」をもらい、地図に書かれた四つの暗号を解いて遺跡内で四つの宝箱を探す。宝箱の中に書かれたキーワードをメモし、朝倉氏遺跡保存協会に報告する。先着で朝倉ゆめまるの缶バッジがもらえるほか、抽選で家庭用ゲーム機や東郷地区産米と地酒のセットなどが当たる。9月23日まで。

 熱気球の搭乗は7月20、21、27、28日。唐門横の芝生広場で熱気球のバスケットに乗り、最高で約20メートルの上空から一乗谷を一望できる。各日とも午前8時スタートで先着280人。同7時半から整理券を配る。大人700円、中学生以下400円。雨天、強風時は中断、中止する場合があり、業者が、ツイッター=http://twitter.com/creo21=で状況を随時知らせる。

 ヨガは8月4日午前7時から唐門前の芝生広場。ヨガ指導者の佐藤ゴウさんが講師を務める。体験後は一乗谷レストラントで朝食を食べる。参加費2千円。7月25日までに福井市おもてなし観光推進課=電話0776(20)5346=に申し込む。雨天時は市東体育館で開く。

 日本遺産は、一乗谷朝倉氏遺跡や白山平泉寺を核に、福井、勝山両市の文化財について石をテーマにまとめた「石から読み解く中世・近世のまちづくり」が5月に認定された。

関連記事