台風5号の予想進路(20日9時現在)

 大雨の影響で山から大量の水が流れ出た、長崎県五島市岐宿町川原の道路=20日午前(住民提供)

 大型の台風5号は20日、黄海を北上した。西日本は台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込んで、各地で大雨となった。気象庁は長崎県に大雨特別警報を発表。大雨・洪水警戒レベル(5段階)は最も高い5になった。九州北部では猛烈な雨が降る恐れがあり、土砂災害や河川の氾濫に注意を呼び掛けた。

 気象庁によると、台風は20日午前9時現在、黄海上を時速25キロで北へ進んだ。中心気圧は985ヘクトパスカル、最大風速は23m、最大瞬間風速は35m。21日には朝鮮半島に上陸し、同日夜までに温帯低気圧に変わる見込み。長崎県の五島市や対馬市などは20日午前にかけて激しい雨に見舞われた。

関連記事