ルートインBCリーグ・福井―石川 3回福井1死一塁、大松尚逸が右越え本塁打を放ち3―1と勝ち越す=7月19日、福井県坂井市の三国運動公園野球場

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは7月19日、福井県坂井市三国運動公園野球場で石川ミリオンスターズと戦い、4-1で勝利した。連敗は6でストップ。通算成績は3勝9敗で最下位のまま。次戦は20日午後1時から、おおい町総合運動公園野球場で石川と対戦する。

石川
001 000 000…1
013 000 00×…4
福井

 【評】福井は投打がかみ合い7試合ぶりに白星を飾った。中軸の2発で勝ち越すと、4投手の継投でリードを守り切った。

 打線は二回、大松尚逸、石井建斗の安打などで1死満塁とし、坂本竜三郎の三ゴロが敵失を誘い先制。同点とされた直後の三回、大松が右翼席に2号2ランを放つと、続く清田亮一も3号ソロで計3点を勝ち越し。中盤以降の得点はなかったが、毎回のように安打を放ち攻め立てた。

 先発の小澤将伍は5回1失点と好投。三回こそ2死から連打で失点したが、四回無死一、二塁のピンチでは後続を三振と二つの外野フライで切り抜けた。六、七回は楊鑄真が無失点に抑えると、八回は原田宥希、九回は高橋康二がゼロを並べ反撃を許さなかった。

関連記事