【北京共同】中国メディアや地元政府によると、19日午後5時45分(日本時間同日午後6時45分)ごろ、河南省三門峡市の化学工場で爆発事故が発生し、2人が死亡した。12人が行方不明で、18人が重傷を負い、地元消防などが現場で救助活動を進めている。周辺の多くの建物も損壊した。

 短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」には、工場から煙が立ち上り、ガラスが床に散乱している様子のほか、救急車で運ばれる人や、負傷した頭部の出血を手で押さえる住民らの動画と写真が多数投稿された。

 中国では爆発事故が相次いでいる。3月には江蘇省塩城市の化学工場で大規模爆発が起き78人が死亡した。

関連記事