日本通運が商用車メーカーのUDトラックスと連携し、限られた地域でのトラックの走行を完全自動化する「レベル4」の実証実験を、8月に北海道で始めることが19日、分かった。ホクレン農業協同組合連合会の所有地内で行う。19日午後にも発表する。

 国内でトラックを使うレベル4の本格的な実験は初めてとみられる。物流業界の人手不足を背景に、商用車の自動運転の実現には期待が集まっている。実験では安全確保のため、ドライバーが車に乗る。

 自動運転は、技術レベルによって5段階に分かれており、レベル4は一定の条件下で全ての操作が自動化され、無人で走ることも可能になる。

関連記事