火災があった「京都アニメーション」のスタジオ=18日午後2時48分、京都市伏見区(共同通信社ヘリから)

 京都市伏見区にあるスタジオで放火火災があった「京都アニメーション」は“京アニ”の愛称で知られ、数々の人気作品を生み出してきた。東京・秋葉原では、多数の死傷者が出た惨状にショックを受け、同社や社員を心配する声がアニメファンから上がった。

 山口県から旅行で訪れた大学生大村健仁さん(20)は、LINE(ライン)のニュースで火災を知った。「京アニが好きなので心配です」と顔を曇らせた。

 大村さんは、京アニが制作、来年1月に劇場公開予定のアニメ映画を見に行くのを楽しみにしている。「絵がきれいなだけでなく、ストーリーも感動する。公開できるのだろうか」と不安げだ。

関連記事