煙を上げるアニメ制作会社「京都アニメーション」のスタジオ=7月18日午前11時40分、京都市伏見区(共同通信社ヘリから)

 7月18日午前10時半ごろ、アニメ制作会社「京都アニメーション」(本社・京都府宇治市)の京都市伏見区桃山町因幡にあるスタジオから出火、3階建ての建物が燃えた。京都市消防局によると、33人の死亡を確認した。府警は顔や胸の付近にやけどを負い病院に搬送された男の身柄を確保。運転免許証などから41歳で「ガソリンのような液体をまき、火を付けた」という趣旨の話をしており、放火殺人事件として調べている。警察庁によると、放火事件の犠牲者数としては平成以降、最悪。

 男は「死ね」と叫びながら放火したとの目撃情報があり、府警は現場からハンマーと包丁数本を発見。ガソリンを運んだとみられる携行缶も見つかった。

 出火時、スタジオには従業員ら約70人がいたとみられる。確保された男を含め負傷者36人が搬送され、うち重傷は10人。死者の一部は2階で11人が見つかったほか、音声収録室がある1階で2人、2階と3階をつなぐ階段で1人、3階と3階から屋上をつなぐ階段で11人が見つかった。出火から約5時間後に鎮圧状態になった。

 府警によると、現場近くのガソリンスタンドに18日午前、携行缶を持ってガソリンを買いに来た男がいたとの情報があり、関連を調べている。男が逃げ込んだ住宅の女性によると「多目的ライターを使った」と警察官に説明したという。

 現場は京阪宇治線六地蔵駅のすぐ北の住宅街。近くに住む高校1年の山口航汰さん(16)によると、煙で空が真っ暗になって、徐々に建物の3階の窓から赤い炎が見えたという。「けがをした5、6人がベンチやブルーシートに横たわってぐったりしていた。頭から血を流している女性もいた」と話した。

 京都アニメーションによると、燃えたのはアニメ制作現場の第1スタジオ。同社は1981年創業で、宇治市にもスタジオを構える。2000年代にはテレビアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱(ゆううつ)」「らき☆すた」「けいおん!」などが大ヒットした。

 八田英明社長は本社前で取材に応じ「断腸の思い。(確保された男に対し)暴力に訴えて何になるのか」と話した。

■何度も爆発、大量の黒煙

 「ボン」「パーン」という爆発音が何度も響き、ものすごい量の黒煙が住宅街を包み込んだ。京都市伏見区で18日に起きたアニメ制作会社の火災。助け出された人たちはガスボンベを口にし、アルミホイルのようなシートで包まれた負傷者もいた。消防隊員ははしごを登り、懸命の救助活動を続けた。

 近所の女性(59)は「髪の毛がちりちりになった人が横たわり、血の付いた足跡もあった」と驚いた様子で話した。淡い色合いのスタジオの外壁は焼け焦げ、2階や3階の窓から煙がもくもくと上がっていた。消防隊員は放水活動を続けた。

 近くのマンションで美容院を経営する30代男性は「午前10時半ごろ、タンクが爆発したような『パーン』という音が聞こえた。黒煙が上り、焦げたような臭いもすごかった。大勢の住民らが慌てた様子で出てきて、心配そうに見ていた」と話した。

【京都アニメーション】

 1981年創業。京都府宇治市に本社を置き、同市と京都市にスタジオを構える。若者の日常生活のリアルな描写や、実写のような美しい背景が持ち味で、2000年代にはテレビアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱(ゆううつ)」「らき☆すた」「けいおん!」などが同世代の若者を中心に大ヒット。ゆかりの場所を訪ねる「聖地巡礼」も話題になった。ライトノベルの出版事業や、制作スタッフの養成事業にも進出している。
 

関連記事