「竹田Tキャンプ」の活動の様子(レディーフォー提供)

 福井県坂井市竹田地区で、県内外の学生が共同生活しながらまちおこし活動を繰り広げるイベント「竹田Tキャンプ」は2019年度で4年目を迎える。中長期的な視点で地域と学生の縁を育むことを目的に、本年度も学生の夏季、春季休暇の時期を中心に活動を展開する。

 事務局を担う坂井市地域おこし協力隊の西馬晋也さん(33)は7月16日、福井新聞社と福井銀行、レディーフォーによるクラウドファンディングサービス「ミラカナ」で活動資金の募集を始めた。

【詳しくはこちら】竹田Tキャンプ開催!地域住民×若者で、地域の未来を作りたい。

▽実行者:西馬晋也さん(坂井市地域おこし協力隊)
▽目標金額:50万円
▽締め切り:9月17日
▽ギフト:5千円から10万円まで5種類

 昨年度は「事(こと)」をテーマとし、住民の喜びを学生が一緒に祝う「いわい事」など「事」にちなんだ活動を行った。今年度も、これまでの積み重ねを生かしながら、行動に移していくとしている。

 プロジェクトはふるさと納税のシステムを生かした「ガバメントクラウドファンディング」で、2千円を除く金額は税控除の対象となる。例えば3万円の寄付をした場合、2万8千円の税控除を受けられ、寄付者の実質的な負担は2千円で済む(寄付者の給与収入などにより控除額に上限あり)。

 寄付に対するギフトとして缶バッジやメッセージカード、記念植樹の権利などを得られる。

関連記事