コンペイトウ

 全国の水族館や動物園を代表する「へんないきもの」の人気ナンバーワンを決める「大王タイトルマッチ」の決勝戦の結果が7月12日発表され、福井県坂井市の越前松島水族館が飼育している魚「コンペイトウ」が3位となった。

 タイトルマッチは、東京のサンシャイン水族館の運営会社が企画した。個性的な20個体がエントリーし、5個体が予選を突破。公式サイトのほか決勝に進んだ水族館、動物園などで、6月25日から7月7日まで投票が行われた。

 総投票数3万1686票のうち、コンペイトウは4190票を獲得した。1位は7151票の人間(愛知県・竹島水族館)、2位は6051票のポットベリーシーホース(三重県・伊勢シーパラダイス)だった。

関連記事