ソロ・フリールーティン決勝 乾友紀子の演技=光州(共同)

 【光州(韓国)共同】水泳の世界選手権第6日は17日、韓国の光州などで行われ、アーティスティックスイミング(AS)のソロ・フリールーティン(FR)決勝で乾友紀子(井村ク)が93・2000点で3位となり、2007年大会以降実施されているこの種目では日本勢で初めて表彰台に立った。

 チームFR予選の日本(乾、吉田、柳沢、塚本、安永、京極、木島、福村)は92・6667点の4位で19日の決勝へ進んだ。

 女子高飛び込み決勝で、荒井祭里(JSS宝塚)は321・45点の9位となり、東京五輪代表に決まった。

関連記事