フリーダイビングで2016年に世界記録を出した木下紗佑里(本名・紗由里)さん(30)が今月、沖縄県読谷村の自宅アパートから転落し、亡くなっていたことが17日、県警などへの取材で分かった。

 11日早朝、周辺住民から「駐車場で倒れている」と119番があった。意識不明の状態で病院に搬送され、その後死亡した。県警は現場の状況から事件性はなく、何らかの原因で転落したとみている。

 日本フリーダイビング協会のホームページなどによると、木下さんは16年の国際大会でフィン(足ひれ)を着けず水深72メートルまで潜り、世界記録を更新した。長崎県大村市出身。

関連記事