ライフル射撃の全日本クラブ対抗選手権大会は7月12~15日、静岡県の瀬戸谷屋内競技場で開かれた。10メートルエアライフル伏射60発の団体戦で、福井県勢のホクリクテーオー(織田祐宏、杉村和翔、山本拓生)が、昨年同チームが出した日本記録を3・4点上回る1889・6点の日本新記録を出して優勝した。

 個人戦では織田が635・5点の日本新記録で制した。従来の記録を0・1点上回り「終盤に記録更新を意識して乱れたが、ぎりぎり超えられて素直にうれしい。2年前に抜かれた記録で、また自分が抜き返したいと思っていたので良かった」と喜んだ。

 50メートルライフル伏射60発団体戦のホクリクテーオー(山本、織田、内田昌宏)はトップに0・2点及ばず準優勝。個人戦では山本が624・6点で頂点に立った。

関連記事