石川―福井 6回2失点と力投した福井先発の三染真利=石川県の七尾城山野球場

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは7月15日、石川県の七尾城山野球場で石川ミリオンスターズと戦い、1―2で敗れ6連敗となった。通算成績は2勝9敗で最下位。次戦は19日午後6時から、福井県の坂井市三国運動公園野球場で石川と対戦する。

福井
000 010 000…1
100 001 00x…2
石川

 【評】福井は投手陣の好投を生かせなかった。打線が振るわず、前戦に続き1点差で競り負けた。

 先発三染真利は一回、中前打と盗塁などで1死三塁とされ、犠飛で先制点を献上。二回以降も再三走者を出したが、内野守備にも助けられ六回2失点と踏ん張った。七回は楊鑄真、八回は原田宥希がいずれも三者凡退に抑えたものの、味方の援護がなかった。

 打線は0―1の五回、須藤優太の4号ソロで同点。しかし、六~八回は毎回走者を出したが得点が奪えない。1―2で迎えた九回は2死から寺田祐貴、坂本竜三郎の連打と四球で満塁としたが最後は須藤が遊ゴロで試合終了。相手を上回る8安打を放ったが、あと一本が出なかった。

関連記事