望月慎太郎

 【ロンドン共同】国際テニス連盟(ITF)は15日付のジュニア世界ランキングを発表し、ウィンブルドン・ジュニア選手権男子シングルスで初優勝した16歳の望月慎太郎(Team YUKA)が前週の9位から1位に浮上した。2004年からの現行制度下では日本勢初の1位。1991年に女子の杉山愛が世界1位になった例がある。

 望月は四大大会ジュニアに初出場した6月の全仏オープンで4強入り。ウィンブルドンでは日本男子で初めて四大大会ジュニアのシングルス制覇を果たした。

 川崎市出身で、錦織圭が練習拠点を置く米フロリダ州のIMGアカデミーに中学1年から留学している。

関連記事