第101回全国高校野球選手権福井大会2回戦・北陸-鯖江 四回、2死満塁から走者一掃の二塁打を放ち拳を突き上げる北陸の山田=7月15日、福井県の敦賀市総合運動公園野球場

 第101回全国高校野球選手権福井大会第3日は7月15日、福井県内2会場で1、2回戦を実施した。敦賀市総合運動公園野球場の第3試合(2回戦)は、北陸が鯖江を8-3で下し8強入り、準々決勝へ進んだ。

北陸
000 421 010…8
000 200 010…3
鯖江

■北陸 山田蒼、新谷昇生ー杉本来稀
■鯖江 土田昂樹、大賀陸央、中村洋翔ー岡井潤也

⇒高校野球福井大会トーナメント表

 北陸は四回、四球や内野安打で1死満塁とし、久保晃大の右前適時打で1点を先制した。2死満塁から山田蒼の走者一掃の二塁打で3点を加えリードを4点に広げた。2点差に迫られた直後の五回には、齋藤隆弥の二塁打を足がかりに暴投で1点を追加。さらに久保晃大の適時打でこの回2点を奪った。

 先発の山田は高めの速球と緩い変化球を巧みに織り交ぜ、鯖江打線に的を絞らせなかった。

 鯖江は4点を先制された直後の四回、清水皓登、土田昂樹の連打などで2死二、三塁とすると、岡井潤也が右前適時打を放ち2点を奪った。八回には清水の適時打で1点を返したが反撃はここまでだった。

⇒福井新聞D刊で全打席速報

⇒【D刊新特集】県内高校出身プロ野球選手の球児時代

関連記事