第101回全国高校野球選手権福井大会1回戦・丹生-武生商業 16奪三振の好投を見せた丹生の先発玉村昇悟=7月14日、福井県福井市の福井県営球場

 夏の甲子園出場を懸けた第101回全国高校野球選手権福井大会第2日は7月14日、福井県内2会場で1回戦計6試合をした。福井県営球場第3試合は丹生が武生商業を6-2で下し、2回戦に進んだ。

武生商業
000 002 000…2
220 001 01× …6
丹生

■武生商業 山本剛史ー中野快晴
■丹生 玉村昇悟、伊藤秀太郞−倉谷勇人

 丹生は初回1死二、三塁から4番宮下陸哉が中越え適時打を放ち2点を先制。二回は2死二塁から来田達磨が右前に、来田宗純が左中間を破る連続適時打で2点を加え、4-0とし、試合の流れをつかんだ。

⇒福井大会の組み合わせはこちら

 先発玉村昇悟は九回1死でマウンドを降りたが、毎回の16奪三振2失点の快投を見せた。

⇨玉村昇悟が好発進

 武生商業は六回1死一、二塁から4番中野快晴が左越え適時打で2点を返した。七回には1死満塁のピンチを0点に抑えるなど、最後まで食い下がったが、届かなかった。

■福井新聞D刊で全打席速報

 福井新聞社は、全国高校野球選手権福井大会の全試合、全打席を電子新聞「福井新聞D刊」と携帯サイト「福井新聞mobile」で速報する。

 会員登録が必要。D刊の速報サイト「fast」単独のプランでも閲覧できる。

⇒全打席速報はこちら

 ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開する。

⇒イニング速報はこちら

⇒【D刊新特集】県内高校出身プロ野球選手の球児時代

関連記事