第101回全国高校野球選手権福井大会1回戦・敦賀工業―啓新 初回に先制の適時打を放った啓新・穴水芳喜=7月14日、福井県の敦賀市総合運動公園野球場

 第101回全国高校野球選手権福井大会第2日は7月14日、福井県内2会場で1回戦を実施。敦賀市総合運動公園野球場の第1試合は、啓新が敦賀工業を7―0で下し2回戦に進んだ。

啓新
100 032 001…7
000 000 000…0
敦賀工業

■啓新 安積航大、倉橋瞳人、浦松巧―穴水芳喜
■敦賀工業 藤田翔矢、山瀬汰一、上中雄太―谷口大誠

⇒福井大会の組み合わせはこちら

 啓新は初回、濱中陽秀が相手守備の乱れで出塁。小野田渉冴の犠打などで2死三塁の好機をつくると、穴水芳喜が中越え適時二塁打を放ち先制した。1点リードで迎えた五回には幸鉢悠樹、穴水、竹原翔の連打で3点を追加し引き離した。

 先発の安積航大は4回を投げ無失点。継投した倉橋瞳人、浦松巧も落ち着いた投球で敦賀工業に得点を許さなかった。

 敦賀工業は初回、先頭打者谷口大誠が左前打を放ち出塁。犠飛などで三塁まで進めたが、あと1本が出なかった。その後も打線がつながらず、力投する投手陣を援護できなかった。

■福井新聞D刊で全打席速報

 福井新聞社は、全国高校野球選手権福井大会の全試合、全打席を電子新聞「福井新聞D刊」と携帯サイト「福井新聞mobile」で速報する。

 会員登録が必要。D刊の速報サイト「fast」単独のプランでも閲覧できる。

⇒全打席速報はこちら

 ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開する。

⇒イニング速報はこちら

⇒【D刊新特集】県内高校出身プロ野球選手の球児時代

関連記事