第101回全国高校野球選手権福井大会1回戦・美方―敦賀 2失点完投した美方の先発末友涼=7月13日、福井県の敦賀市総合運動公園野球場

 第101回全国高校野球選手権福井大会は7月13日、福井県内2会場で1回戦6試合を行った。敦賀市総合運動公園野球場の第3試合は、美方が敦賀を4―2で下し2回戦に進んだ。

敦賀
010 010 000…2
130 000 00×…4
美方

■敦賀 廣川竜太郎、埜村歩聖、三野大地、久米遼、山本誠心―細川琉羽
■美方 末友涼―宇野雄貴

⇒福井大会の組み合わせはこちら

 美方は初回、中積海大の安打などで1死一、三塁と攻め、4番辻本謙斗のスクイズで1点先制。追い付かれた二回には、相手失策と井口拓実の2点適時二塁打で3点を奪い、流れを取り戻した。

 先発の左腕末友涼が、7安打7奪三振で2失点完投。後半は無失点に抑え、勝利を呼び寄せた。

 敦賀は1点を追う二回、村中奎太の適時打で追い付いた。再びリードされた五回には、1死満塁から橋本周児の適時打で1点を返したが、この後ホームが遠かった。

 投手陣は5人の継投で三回以降は得点を許さなかったが、序盤の失点を覆せず、夏の大会では6年ぶりの初戦敗退となった。

■福井新聞D刊で全打席速報

 福井新聞社は、全国高校野球選手権福井大会の全試合、全打席を電子新聞「福井新聞D刊」と携帯サイト「福井新聞mobile」で速報する。

 会員登録が必要。D刊の速報サイト「fast」単独のプランでも閲覧できる。

⇒全打席速報はこちら

 ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開する。

⇒イニング速報はこちら

⇒【D刊新特集】県内高校出身プロ野球選手の球児時代

関連記事