第101回全国高校野球選手権福井大会1回戦・羽水―若狭 初回若狭・若泉幹太の2点適時打で生還した川嶋成(中央)と一瀬陽(右)=7月13日、福井県の敦賀市総合運動公園野球場

 第101回全国高校野球選手権福井大会は7月13日、福井県内2会場で1回戦を実施。敦賀市総合運動公園野球場の第2試合は昨夏準優勝の若狭が羽水を11―1(六回コールド)で下し2回戦に進んだ。

若狭
500 411…11
001 000…1
羽水

■若狭 川嶋成、速水隆介、小堂莉玖―小林久也
■羽水 佐野友輝、市川蒼天、向海悠登―青山暁

⇒福井大会の組み合わせはこちら

 若狭は初回、2死満塁から若泉幹太の中前適時打を皮切りに小堂莉玖、中野竜斗、米田知生まで4連続適時打で一気に5点を奪った。4点差で迎えた四回には領家伸悟の適時三塁打などで4点を追加。五回以降も着々と加点し、羽水を突き放した。

 先発のエース川嶋成は3回2/3を1失点。速水隆介、小堂と継投し余裕を持って逃げ切った。

 羽水は5点を追う三回、洲崎太陽と河合大翔の連打で無死一、二塁とすると、青山暁の犠打が相手エラーを誘い1点を返した。五回にも1死三塁と攻めたが、得点はならなかった。河合が3打数3安打と気を吐いた。

■福井新聞D刊で全打席速報

 福井新聞社は、全国高校野球選手権福井大会の全試合、全打席を電子新聞「福井新聞D刊」と携帯サイト「福井新聞mobile」で速報する。

 会員登録が必要。D刊の速報サイト「fast」単独のプランでも閲覧できる。

⇒全打席速報はこちら

 ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開する。

⇒イニング速報はこちら

⇒【D刊新特集】県内高校出身プロ野球選手の球児時代

関連記事