第101回全国高校野球選手権福井大会1回戦・武生工業―坂井 二回に2点本塁打を放ちダイヤモンドを回る坂井の山口信太=7月13日、福井県の敦賀市総合運動公園野球場

 第101回全国高校野球選手権福井大会は7月13日、福井県内2会場で1回戦を実施。敦賀市総合運動公園野球場の第1試合は、坂井が武生工業を11―3(七回コールド)で下し2回戦に進んだ。

坂井
150 011 3…11
000 000 3…3
武生工業

■坂井 大矢場廉弥、北村侑大、山下翔也―矢原士宇杜
■武生工業 野村諒、小島悠里―岩嵜大暉

▽本塁打 山口信太(坂井)石田穂峻(武生工業)

⇒福井大会の組み合わせはこちら

 坂井は1点リードの二回、南修司と三好真育の連打で1点を追加。さらに小林寛弥の適時三塁打などで2点を奪い、山口信太の左中間2点本塁打で6―0と点差を広げた。中盤にも着々と加点。8点リードの七回には川上建志の適時三塁打などで3点を奪い、だめを押した。

 先発のエース大矢場廉弥は走者を背負いながらもピンチを切り抜け、無失点で六回途中に交代した。

 武生工業は6点を追う三回、岩野巧明と長谷川文音の連打などで無死満塁と攻めたが得点できず。11点差で迎えた七回、2死一、二塁で石田穂峻が左越えに3点本塁打を放ち一矢報いた。

■福井新聞D刊で全打席速報

 福井新聞社は、全国高校野球選手権福井大会の全試合、全打席を電子新聞「福井新聞D刊」と携帯サイト「福井新聞mobile」で速報する。

 会員登録が必要。D刊の速報サイト「fast」単独のプランでも閲覧できる。

⇒全打席速報はこちら

 ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開する。

⇒イニング速報はこちら

⇒【D刊新特集】県内高校出身プロ野球選手の球児時代

関連記事