「人が集まる場所に」と工場にカフェを設けた柳澤治久社長(右)と、オーナーの渡邊めぐみさん=7月12日、福井県坂井市丸岡町猪爪の「g cafe.」

 柳澤織ネーム(福井県坂井市丸岡町猪爪、柳澤治久社長)は7月15日、一般公開している自社の工場にカフェ「g cafe.(ジー・カフェ)」をオープンする。地域住民や見学に訪れた人たちの憩いの場や、ものづくりグループのワークショップの場として交流拡大を図る。柳澤社長は「工場が活気づいて、地域のにぎわいにもつながれば」と期待を込める。

 柳澤社長は2018年夏、工場を「hataba(機場)」と名付け、見学や織ネーム作りの体験をスタート。後継者がおらず、古い織機や織ネームの技術を残そうと活動してきた。これに加え、工場に併設した約100平方メートルの倉庫を改装した交流スペースも設置。今回新たにカフェも整備した。オーナーは福井県福井市の飲食店に勤めていた渡邊めぐみさん(43)が引き受け、5月から開店準備を進めてきた。

 カフェでは地元グループなどによる、ポーセラーツやプリザーブドフラワー、習字教室などを企画する。渡邊さんは「お茶を飲みながらのワークショップを楽しんでほしい。地域の人たちが、心のゆとりを持てる場所にしたい」と意気込む。

 日替わりランチ(税込み850円)は季節の野菜たっぷり。地元メーカーのパンを使った各種サンドイッチ(同700円~)、手作りケーキ(同500円~)などを提供する。

 カフェのお客も随時、工場の見学や体験が可能。柳澤社長は「人が集まることで、工場でものづくりをしたいという人も出てくるかもしれない」と話す。織ネームの体験とランチをセットにしたプランを発信していくつもりだ。

 カフェは午前9時半~午後7時。日曜定休、祝日は不定休。電話0776(66)3340。

関連記事