参院選の期日前投票所が設けられ、1票を投じる丹生高校生=7月9日、福井県越前町の同校

 参院選の期日前投票所が7月9日、福井県越前町の丹生高校に1日限定で開設された。2016年に選挙権年齢が18歳に引き下げられてから、県内の高校に期日前投票所が設けられるのは初めて。町内在住で選挙権を持つ3年生13人が、未来を託す1票を投じた。

 18歳の高校生の投票率アップを図ろうと、町選管が県選管の働き掛けを受けて設置を決めた。3年生125人のうち、町内在住で今回の参院選で選挙権を持つ7月22日現在で18歳の生徒は29人。9日は半数近い13人が投票した。同日までに18歳の誕生日を迎えていない生徒3人は、不在者投票としての1票となった。

 男子生徒(18)は「失言などの政治の悪い部分がなくなるといいな、と期待を込めて投票した。大人としての責任感が出た気がする」と話した。

関連記事