福井県庁

 福井県は7月9日、池田町で捕獲された野生イノシシ1頭が豚コレラに感染していたと発表した。県内で感染が確認された野生イノシシは4頭目。

 これまで越前市で捕獲された野生イノシシ1頭、大野市で捕獲された2頭の感染が確認されている。県は「嶺北のいたるところに感染イノシシがいる可能性が高い」との見方を示している。

 豚コレラは、豚とイノシシにしか感染しないが、致死率が高く感染力が強い。人には感染せず、感染した豚を食べても人体に影響はない。

関連記事