南米のペルー、ボリビア両国の公式訪問に出発される秋篠宮家の長女眞子さま=9日午前、成田空港(代表撮影)

 秋篠宮家の長女眞子さまは9日、成田発の民間機で南米のペルー、ボリビア両国の公式訪問に出発された。22日までの日程で、日本人の移住120周年記念式典への出席や大統領の表敬訪問を行う。

 米国を経由して現地時間9日夜(日本時間10日午後)にペルーの首都リマに到着する。現地では移住120周年の記念式典であいさつし、日系人らとも懇談。ビスカラ大統領を表敬し、世界遺産のマチュピチュ遺跡視察も予定している。

 15日にボリビアの主要都市ラパスに移動。翌16日には空路でサンタクルス入りし、記念式典に参列する。日系人の移住地などを訪問し、20日に帰国の途に就く。

関連記事