サッカー北信越リーグ1部第8節 加茂FC―福井ユナイテッドFC クロスボールを蹴り込む福井ユナイテッドの木村健佑(中央)=新潟県の経大フィールド(福井ユナイテッドFC提供)

 サッカー北信越リーグ1部は7月7日、各地で後半戦初戦の第8節4試合が行われた。福井県勢は首位の福井ユナイテッドFCが加茂FC(新潟)に6―0で快勝し、引き分けを挟んで開幕7連勝。坂井フェニックスはFC北陸(石川)を2―1で下し6試合ぶりの勝利を挙げて4位に浮上した。

 福井ユナイテッドは前半から優位に展開。FW山田雄太が前半の先制点から後半に掛けて4連続得点した。さらにFW金村賢志郎が追加点、最後は山田がこの日5点目となるだめ押し点を決めた。

 坂井は前半を0―1で折り返した。後半は前線からプレスを仕掛けて流れを引き寄せると、試合終盤にMF中嶋峻也が同点、DF平尾優頼が決勝点を挙げ逆転勝ちした。

 次戦は28日、福井ユナイテッドが上田ジェンシャン(長野)と坂井市のテクノポート福井スタジアムで、坂井が富山新庄クラブと同市丸岡スポーツランドで対戦する。

関連記事