ランニングマシンやエアロバイクが完備されたフィットネスジム=福井県坂井市の霞の里

 福井県坂井市が改修していた同市丸岡総合福祉保健センター「いきいきプラザ霞の郷(かすみのさと)」が7月7日、リニューアルオープンした。フィットネスジムや健康スタジオを新設したほか、浴室のタイルや床を張り替えるなど、温泉とスポーツを同時に楽しめる施設へと生まれ変わった。飲食店のメニューも充実し、幅広い世代に親しまれる場所になることが期待される。

 霞の郷は旧丸岡町が整備し、2000年6月にオープンした。20年近くが経過し、傷みが激しくなったことから市が2億5千万円をかけ、3月から大規模改修を行った。同市で飲食店などを手掛けるイワタグループが指定管理者として運営する。

 フィットネスジムにはランニングマシン10台、エアロバイク9台などを完備。大きな鏡を設けた健康スタジオではピラティスやフラダンス、リズム体操など多彩なプログラムを用意している。

 天然温泉の浴室の床は滑りにくい素材を採用し、天井も張り替えた。シャワーヘッドや椅子、ロッカーなどの備品も総入れ替えし、清潔感がアップした。「かすみの食堂」では十割そばや焼きたてパン、日替わり定食などを提供する。

 温泉入浴料は大人500円、小学生以下200円、65歳以上400円。フィットネス利用料は600円で、温泉入浴とセットで800円となる。スタジオ利用は1回500円。

 問い合わせは、いきいきプラザ霞の郷=電話0776(68)5050。

関連記事