敦賀港に初寄港する護衛艦「かが」(海上自衛隊提供)

 海上自衛隊艦船で最も大きいヘリコプター搭載型護衛艦「かが」が7月14、15の両日、敦賀港(福井県)に寄港し一般公開される。敦賀港開港120周年の一環で、県内寄港は初めて。広大な甲板などが見学できる。

 かがは全長248メートル、最大幅38メートルで、乗員は約470人。艦首から艦尾まで平らな甲板が広がり、ヘリを最大14機まで搭載、5機が同時に離着艦できる。離島防衛や大規模災害救援などで洋上の拠点機能を担う。5月に来日したトランプ米大統領が視察した。

 自衛隊福井地方協力本部によると、母港となる呉基地(広島県)以外で一般公開されるのは、金沢港、大阪港に続き3港目。

 かがは、敦賀港鞠山南地区の岸壁に接岸する。公開は14日午後1~同4時、15日午前8時半~午後1時。最終受け付けは14日が午後3時半、15日は同0時半。甲板が滑りやすいためサンダルやスリッパ、ハイヒールなどでの乗船はできない。事前申し込みは不要で、見学は無料。

 両日ともJR敦賀駅から臨時バスが運行され、往復500円。15日は市きらめきみなと館と同港川崎・松栄岸壁の駐車場2カ所が利用でき、市が無料シャトルバスを運行する。4日は周辺でカッターレースが行われるため、駐車場は利用できない。問い合わせは、福井地方協力本部=電話0776(23)1910。

関連記事