ワンパークフェスティバルのアーティストの出演日時

 福井県の福井市中央公園をメイン会場とする野外音楽祭「ワンパークフェスティバル」(福井新聞社後援)の開催が7月6、7日に迫った。観客は、福井の食や物産のブースが並ぶ会場を自由に出入りできる。会場内で音楽と食を満喫するもよし、演奏の合間に会場外へ出て、関連イベントが繰り広げられる県都中心部に繰り出すもよし。「まち全体が一つのテーマパークになる」初の都市型フェスの楽しみ方を紹介する。

 フードコートは会場に2カ所あり、ホテルフジタ福井側にはフェス実行委員会が厳選した17店が連なる。すし、おろしそば、油揚げなど福井の食が味わえ、カレーとコーヒーは各3店舗あり違いを楽しめる。福井城址(じょうし)側には、軽食などのキッチンカーが6台並ぶ。

 ドリンクブースには福井の地酒約30銘柄が勢ぞろいし、炭酸水で割った「酒ロック」などで楽しめる。フランス料理の野外レストランもあり、予約制のコース料理とワインを味わいながら演奏を楽しむ優雅な時間を過ごせる。

 物産ブースでは越前和紙や眼鏡、リボンなど福井の特産品を購入できる。福井の菓子店によるアイスキャンディーなどの甘味の販売もあり、木工やドライフラワーなどの体験もできる。ヘッドスパもあり、リラックスしながら音楽に耳を傾けられる。

 特注のストローを組み立てて巨大な立体を作ったり、段ボールでジャングルジムを作ったりと、子どもが楽しめるコーナーも充実。会場入り口にある順化公民館には託児所も設けられる。

 会場外に出れば、県都中心部で食と音楽の関連イベントが展開されている。会場近くの農業会館前の道路は2日間車両通行止めになり、サザエの炭火焼きバーベキューなどを楽しめる。ハピテラスでは、県内出身やゆかりのプロアーティストらによるライブイベントが2日間繰り広げられ、協賛の約40店舗ではドリンク1杯無料や割引などの特典がある。

 運営委員長の勝田達さん(36)は「福井でこれまで体感したことのない音楽フェスになる。記念すべき1回目の当事者になってほしい」と来場を呼び掛けている。

 期間中、中央公園はフェンスで仕切られ、出入り口は順化公民館側と市役所側の2カ所。テントや敷物、保冷ボックス、傘の持ち込みは禁止。詳細は公式ホームページで。

各アーティストの出演日時
   
7月6日(土)    
10:00    WONK
10:40    Blu-Swing
11:40    SPECIAL OTHERS
12:20    maco marets
13:15    Ovall
14:05    青葉市子
15:00    クレイジーケンバンド
16:00    Captain Vinyl
17:00    水曜日のカンパネラ
17:50    Gai Sunya
18:45    D.A.N.
19:30    ELLI ARAKAWA
20:30    Cornelius
    
7月7日(日)    
10:00    hendecagon
10:20    水咲加奈
10:50    Attractions
11:30    chelmico
12:20    SIRUP
13:00    sauce81
13:50    never young beach
14:30    Sunaga t experience
15:25    cero
16:05    FNCY
17:00    クラムボン
17:45    YonYon
18:45    ウルフルズ
19:30    Licaxxx
20:30    SOIL&“PIMP”SESSIONS

関連記事